2019年4月14日日曜日

ドイツ語 telc B1 受験

スイス定住許可 (Niederlassungsbewilligung) 申請の準備として、ドイツ語の資格検定試験を受けてきました。

チューリッヒ州在住の日本人は5年間連続して滞在し、かつ一定の条件を満たすと定住許可を申請できますが、その条件の一つが語学力。州が認めるドイツ語検定試験で中級程度 (CEFR B1 レベル) のドイツ語能力を証明する必要があります。私は今年の末でスイス滞在5年になるので、そこで滞在資格を現在の初期滞在許可 (Aufenthaltsbewilligung) から定住許可に切り替えようと考えています。

チューリッヒ州が認める検定試験は何種類かあり、私が受験したのはドイツの公益法人 telc が各地のドイツ語学校に委託して行っている試験です。
これは実施箇所が多く試験料も比較的安いのですが、手続きに時間がかかります。申込締切は試験日の1ヶ月以上前、試験結果の確定・証明書の発行には5〜6週間かかります。また受験の申込みには telc は関知せず、受験者が語学学校に直接申し込む形になります。したがって、語学学校を探すところから始めて証明書を入手するまでに3ヶ月は見込んでおく必要があります。

テスト内容は開示禁止ということで触れませんが、形式に関してはtelc が公開している模擬試験そのままでした。たとえばリスニング問題では1問目は1度しか聞けないが、2問目と3問目は2度放送されるといった点まで同じなので、事前に模擬試験を解いておくと実際の試験の際に問題文を読む手間が省けます。

なお telc の試験は費用が一律ではなく、語学学校が独自に設定できます。チューリッヒ州では 240 CHF 前後が一般的なところ、ドイツだと 120 EUR 程度に設定している学校が多く、交通費を考えてもドイツで受験したほうが安価です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ドイツ語 telc B1 受験

スイス定住許可 (Niederlassungsbewilligung) 申請の準備として、ドイツ語の資格検定試験を受けてきました。 チューリッヒ州在住の日本人は5年間連続して滞在し、かつ一定の条件を満たすと定住許可を申請できますが、その条件の一つが語学力。州が認めるドイツ語検...