スイスで鉄道・バスを使って旅行する際の荷物配送サービス

スイスは公共交通機関が整備されているので、鉄道・バスを使って国内旅行する機会も多いですが、その際の荷物について。

公共交通機関はスペースに余裕がある作りになっているので、自分で持ち運べる範囲であればスーツケースやスキーを持ち込んでも問題ありませんが、荷物が多い場合には別便で荷物を送ることができます。

いくつかのサービスがありますが、いずれも前提として「本人が公共交通機関を使って移動する際に、別便で荷物を送る」もので、本人が自家用車などで移動する場合には利用することはできません。事前に有効な切符を購入しておき、荷物預入時に提示する必要があります。

(なお以下の記述は2018年8月現在の情報です。商品構成やサービス内容はよく変わるので、最新版は SBB の公式ページ SBB Reisegepäck で確認してください)

商品種別

商品種別にかかわらず、送料は荷物1つあたり12 CHF で重量は 25kg までです。

Reisegepäck - Bahnhof zu Bahnhof

最も基本的な商品で、有人の鉄道駅ならびに主要バス停間で荷物を送ることができます。

原則として 19:00 までに駅の窓口で荷物を預けると、翌々日の9:00に指定した駅で荷物を受け取ることができます(ただし駅によって営業時間が短縮されている場合あり)。

駅で荷物を預けると預り証が発行されるので、それを持って受取駅に行きます。

Reisegepäck - Baunhof zu Tür

有人駅・バス停から指定した住所まで送ることができます。

原則として 19:00 までに駅の窓口で荷物を預けると、翌々日に配送となります。配送時間は午前(7-12時)、午後(12-18時)、夜間(18-23時)で指定可能。

送料に加え、固定で手数料が 25 CHF かかります。

Reisegepäck - Tür zu Bahnhof

指定した住所に荷物を引き取りに来てもらい、指定の有人駅・バス停まで配送してもらいます。

荷物集荷2日前の20時までに申し込みを行い、集荷日の翌々日9:00から指定した駅で荷物を受け取ることができます。集荷時間は午前(7-12時)、午後(12-18時)、夜間(18-23時)で指定可能。

送料に加え、固定で手数料が 25 CHF かかります。

Reisegepäck - Tür zu Tür

指定した住所から指定した別の住所まで配送してもらうサービスです。

荷物集荷2日前の20時までに申し込みを行い、集荷日の翌日に配送となります。集荷時間・配送時間とも午前(7-12時)、午後(12-18時)、夜間(18-23時)で指定できますが、夜間集荷と午前配送は組み合わせることができません。

送料は固定で 40 CHF の手数料がかります。

Reisegepäck Express - Tür zu Tür

急行便で指定した住所から指定した別の住所まで配送してもらうサービスです。

荷物集荷2日前の20時までに申し込みを行うと、当日の6-9時に集荷、同日18-23時に配達となります。利用できる地域に制限があり、主要都市ならびに主要スキーリゾート周辺に限られます。

送料に加え、固定で手数料が 70 CHF かかります。

競合商品

荷物は、スイスの郵便局 (Die Post) が提供する小包便 (PostPac Economy, もしくは PostPack Priority) を使っても送ることができます。

鉄道駅間で大きな荷物を送る場合には Reisegepäck - Bahnhof zur Bahnhof が確実に安いのですが、荷物が10kg 以下の場合や、駅留めではなく任意の住所に送る場合には Die Post の方が安くなることもあります。

また PostPack Economy, PostPack Priority は荷物を局に持ち込むのが前提ですが、荷物1つあたり 4.50 CHF で集荷を依頼することもできます。参考: pick@post

コメント

このブログの人気の投稿

スイスの所得税・住民税

スイスの医療保険 (1)

BMW 320d Touring xDrive 納車3ヶ月