チューリッヒ市内 路上駐車規則

チューリッヒ市内の路上駐車規則について。

チューリッヒ市内には、道路に白、青、黄色で枠線が引いてある場所があり、条件を満たせば駐車可となっています。ほぼ縦列駐車です。

白枠 有料駐車区画
近くにパーキングメーターがあり、料金を支払うことで決められた時間まで駐車可能です。駐車料金は硬貨、もしくは Parking Credit Card というプリペイドカードで支払います。

青枠 無料駐車区画
駐車時刻を示す Park Disc をフロントグラス内に表示することで、1時間まで駐車可能。ただし時間のカウントの仕方に細かいルールが有る他、特定の条件で時間制限もなくなります(後述)。

黄色 指定車駐車区画
警察車両、タクシーなど指定された車のみ駐車可能です。

このうち、ルールがややこしい青枠駐車区画について。

原則として、この駐車区画には1時間まで駐車可能です。駐車したら、Park Disc という紙で出来た時計のようなものを駐車開始時刻に合わせて、フロントグラスから見える位置に置きます。こうすることで、表示されている駐車開始時刻の1時間後まで駐車できます。
これだけ書くとシンプルなのですが、実際には2つほど追加でルールがあり、やや複雑になっています。

ルール1) Park Disc に設定する駐車開始時刻は毎時0分、もしくは30分とする。

たとえば実際に駐車した時刻が9:00から9:29の場合、Park Disc には30分単位で切り上げた9:30を設定し、その1時間後である10:30まで駐車可能になります。

ルール2) 駐車時間に制限があるのは平日・土曜日の8:00-11:30, 13:30-18:30のみ。

11:30-13:30は昼食時、18:30-8:00は夜間ということで制限なく駐車可能です。

具体的には、ルール1にしたがって設定した Park Disc の表示時刻が12:00-13:30の場合には13:30までは駐車時間にカウントしないため、13:30から1時間、すなわち14:30まで駐車可能となります。
同様に Park Disc の表示時刻が18:30-8:00の場合には8:00までは駐車時間にカウントしないため、8:00から1時間、すなわち9:00まで駐車可能となります。

例 (いずれも平日・土曜日の場合)
駐車開始時刻 11:00-11:29
Park Disc 表示時刻 11:30
駐車時間カウント開始時刻 11:30
駐車可能最終時刻 12:30

駐車開始時刻 11:30-11:59
Park Disc 表示時刻 12:00
駐車時間カウント開始時刻 13:30
駐車可能最終時刻 14:30


青色駐車区画は訪問者用の一時的な駐車スペースとしても使われていますが、多くは周辺に住む住民の半恒久的な駐車場としても使われています。

青色駐車区画の近くには無料駐車区画を示す道路標識が設置されていますが、そこに「Mit Parkkarte 8003 unbeschränkt」のような記載があります。8003の部分は郵便番号で、駐車場がある地域によって変わりますが、直訳すると「8003の駐車カードがある場合には無制限」という意味です。
近隣住民は自分の居住場所に対応する駐車カードを購入することができ、その駐車カードを車外から見える場所に掲示することで、時間の制限なく駐車することが可能になります。2015年2月現在、駐車カードの費用は年間300CHFです。
ただし駐車カードはあくまで駐車時間の制限がなくなるだけで、一時駐車の車に対して優先されるわけではありません。先に一時駐車の車が停まっていた場合には、追い出すことはできません。

また一日駐車カードを一枚15CHFで購入することもできます。年間駐車カードは近隣住民にのみ販売されますが、一日駐車カードは居住地の制限がなく、全ての地域の青色駐車区画を利用可能です。

このブログの人気の投稿

スイスの所得税・住民税

スイスの医療保険 (1)

BMW 320d Touring xDrive 納車3ヶ月